スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TREK WORLD 2013 に 行ってきました!!

trekworld2013054.jpg

こんばんは、イヌガイ自転車スタッフのスガワラです。
(・∀・)=3ムッハー!
行ってきました!TREK WORLD 2013 JAPAN

もうね、アレですよ!凄かったデスヨ!
去年行ったサイクルモードもすごいモノでしたけど、一メーカーでこの規模は凄かったデスヨ!

来年度2013モデルの目玉のMADONE7シリーズやDOMANEも体感してきましたが
とても素晴らしいモノでしたっ(・∀・)

え、前置きはいいからとっとと新車を見せろバーローですって・・・?
わかってますって、旦那(ノ∀`*) ちゃーんと用意してますって!

trekworld2013053.jpg

2013モデルで新しく登場したMADONE7シリーズです!
今回のMADONE7はエアロ性能の向上と、さらなる軽量化を目的に作られました。

新しいマドンはKVFチューブ形状をベースとしていまして、このKVF形状は
通常よりも少ない素材で成形することができるので、つまりはバイクの重量を削減しつつも
エアロ性能を向上させることに成功したとのことです。(詳しくは後述のKVF注釈)

trekworld2013003.jpg


*KVF:Kammtail Virtual Foil 後端を切り取った翼型の形状を採用することで、横風抵抗を最小限に抑えている。
翼型の垂直テールが実際によく受ける横風の角度に合わせて湾曲しており抵抗を大幅に軽減している。

そして、エアロ性能をもうひとつ引き上げることに成功したのが、今回独自に搭載した
Integrated brakesですね!
これはどういうモノかと言うと、通常シートステーに搭載されていたブレーキをまるっと
フレームに内蔵してしまっている新型ブレーキなんですね。

trekworld2013004.jpg

この通り、シートステイにブレーキを取り付けることがなくなったことで
ブレーキブリッジと補強レイヤーを取り除くことが出来、軽量化にも成功しています。
そして、件のブレーキは何処へ行ったのかと言うと…

trekworld2013046.jpg

ちょっと判りづらい画像ですが、後輪ブレーキはダウンチューブの下の方へ移りました。
そしてこれもフレームに内蔵されることで取り付けプレートやボルトを除くことで軽量化されています。
フロントブレーキもフレームに一部内蔵されたりしていたりします。

trekworld2013044.jpg

このIntegratedBrakesは、TREKとSHIMANOが共同開発したブレーキで
2013年モデルにおいては、TREKのフレームでしか装備できない新型ブレーキとなっているそうです。


そして、もうひとつの軽さについてです。
新型MADONEのフレーム重量は、およそ750g!!
従来のMADONEが915g、他社のエアロバイクなどが1279gというのがTREKの公称値だそうです。

この軽さが、どこまで走りに直結するかと言いますと同じスピード域において25ワットの軽減になるそうです。
この25ワットという数字ですが、実際どれほどの数値なのかと言いますと
40km/hで巡行される方ですと、1.6㎞/hほど巡行速度が伸びる計算になるようです。
たかが1.6km/h…されど1.6km/h。
レースなどの環境になれば大きく影響するようですよ(スガワラはレースしないので分かりませんが(笑)

そして、完成車状態の重量も驚きの数値を叩き出しておりました。

trekworld2013023.jpg

な・・・なんと!

trekworld2013022.jpg

5.78kg!!

どえらい軽さを手に入れたものですね~!
無論、ペダルがついてなかったり諸々のこともありますが、それでも驚きの軽さですね!

実際にこのMADONE7シリーズに試乗してみた感想ですが…

trekworld2013063.jpg

trekworld2013058.jpg

乗ってて非常に乗り心地が良いのが先ず感じられました。
KVF形状でエアロ効果もあり加速性能も素晴らしく、何かに突出してるわけでは無さそうでしたけど
全体のバランスが高次元に纏まってる感じでしょうか。
店長とスガワラ、二人とも試乗しましたが口をそろえて

こりゃ、すげーわ(笑)

色んな意味で″完成車″でしたねー(*゚∀゚*)
値段は正直7シリーズでは、かなりのお値段になるので中々手が出づらいかもしれませんが
今回のKVF形状や、IntegratedbrakesはMADONEの5シリーズからも使用されていますので
十分お求めやすい位置から選んでいただけるとも思いますよ!


さて、次にご紹介しますはTREK2013の新型フレームDOMANEです!

このDOMANE、先程のMADONEと比べてどんな機体に仕上がっているかと言いますと
MADONEはこれまでの快適性を残しつつ、エアロ性能や軽量化に重点を置いて作られています。
対するDOMANEは快適性、安定性、パワー伝達効率に非常に優れており
ロングライドや凸凹の激しいコースなどで大きく性能を発揮するバイクとなっているそうです。

trekworld2013061.jpg

このDOMANE、最大の特徴はシートチューブとトップチューブがそれぞれ独立している点でしょうか。
分かりやすい写真がなかったので、説明しにくいんですが実機を展示予定なので
是非とも一度ご覧においで下さい(*・ω・)*_ _))ペコリン

実際にこちらも試乗してみての感想ですが、安定感は十分に感じられました。
ただ悲しいかなスガワラにパワーが無い為、伝達効率云々は分かりませんでしたorz
他の試乗された方ともお話をさせて頂きましたが、どうやらDOMANEの長所は
長時間のライディングや石畳のようなコースで真価を発揮しそうな感じでしたねー。


最後に、今回のTREKWORLDにも去年同様ゲイリー・フィッシャーさんが来られていました。
言わずと知れた、マウンテンバイク界のレジェンドなお人ですね!
店長とスガワラ、思い切っての3ショットをお願いすると快く撮影に応じて頂けました(@^▽^@)

trekworld2013040.jpg

しかしフィッシャーさん、超大物VIPなのにとても気さくな方のようで誰でもカムカムウェルカム状態でしたね(笑)
個別の質問なんかにも応えて頂いて、良い思い出にもなりました。


あとは愛知県のサイクルショップさんでじてんしゃ創庫モックさんと、色々お話しさせていただきました。
イヌガイと同じように家族経営で、色々と参考になるお話も多々聞かせていただきました。

今回のTREKWORKD2013、得るものも多くとても参考になりました。
近日中に、TREKの2013年度モデルの商品も続々入荷してきますので是非イヌガイにおいで下さい(@^▽^@)
店頭ならではのお得情報や内緒話などもご用意してお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イヌガイ自転車商会

Author:イヌガイ自転車商会
ホームページはこちらです。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。